【転職面接】転職面接あるある設問3選と対策方法【知らないとお祈り確定】

皆さんこんにちは!

皆さんは社会人になって、

1回は転職を意識したことがあると思います。

私も新卒で入社した会社を1000回は転職したいと思い、

実際に1ヶ月で3社の内定を得た転職面接あるある設問3選に対する考え方を解説します。

【この記事を読んで分かること】
・転職面接設問に対する考え方がわかる
・転職面接設問の回答方法がわかる
・転職面接に対する考え方がわかる
スポンサーリンク

面接あるある設問3選と回答の考え方

転職理由

何故転職したいのか?

企業の採用担当者がとても気になるところです。

採用には企業側はたくさんのお金を使います。

せっかく雇った人材がすぐに辞めてしまっては、

たくさんのお金を無駄にすることになります。

ぱんだくん
ぱんだくん

この人は長く働いてくれるか?すぐに辞めないか?

現職の悪口や愚痴を言う必要はありません。

合理的な理由で転職をしたい旨を述べましょう。

志望動機

何故うちの会社なのか?

この設問も、長く働いてくれるかを図る指標となる設問です。

この会社じゃなきゃダメな理由を述べましょう。

志望動機を考えるには、企業研究が最重要です。

その企業が持っている強みを見つけましょう。

そこにフルコミットです。

自己PR

この人は戦力になるのか?

を図る設問です。

こちらは自分の実績を説明しましょう。

ぶたさん
ぶたさん

実績なんてないよ〜

って人もいますよね?

でもそんな人も、お客さんや同様・上司から感謝されたエピソードはありませんか?

何故感謝されたのか、そこに自分なりの工夫があるはずなんです。

そこを深掘りして準備しましょう。

転職面接に成功しやすい考え方

最後に転職面接に成功しやすい考え方を紹介します。

【企業が求めている人材だと証明すること】

です。

こんなこと書くと、

ぶたさん
ぶたさん

そりゃそうでしょ!!!

上記のようなツッコミいただくと思います。

ただ、営利企業である以上、

これが真理で一番大事なことなんです。

上記の考え方で、企業が求めている人材は何か考えてみましょう。

 

企業は転職希望者に何を求めているのか?

転職面接をするような中途採用をしている企業は、

大きく分けて下記2つのことしか求めてないんです。

1.即戦力性
2.継続性
転職面接って、要は上記の2つにコミットした受け答えをしておけば良いんですよね。
※もちろん専門的な実績や資格も必要になる場合もありますが。
即戦力性は、自己PRでアピールしましょう。
 過去に自分が挙げた実績を強みとしてガンガンアピールしましょう。
 特に、具体的なエピソードトークや、
 何故それをやったのかまで説明できるようにしておきましょう。
継続性は、転職理由や志望動機でアピールしましょう。
 ここで一番大事なことは、転職理由を志望動機に繋げることです。
ぱんだくん
ぱんだくん

私は、AAAのため、BBBをしたいと思いましたが、

現職ではCCCのためできず、転職を決意しました。

転職理由を語る場合、何故それをやりたいのか、したいのか。

何故現職ではできないのか?をしっかり分析しましょう。
志望動機では、上記転職理由を繋げて、
現職ではできないことを貴社ではできることをアピールしましょう。
【即戦力性アピールの考え方】
・過去の実績を具体的なエピソードを踏まえて説明する。
・何故その手法を選んだのか?
・何故その課題解決に着手したのか?
「何故?」を5回繰り返しても回答できるように深掘りしよう。
【継続性アピールの考え方】
・転職理由で何がしたいのかを明確にしよう。
→現職ではできない理由を説明。
→現職でやろうとしたけどできなかった理由を説明。
・志望動機で貴社ならできる理由を説明しよう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

転職でやっておくことは、過去の自分の徹底的な棚卸しです。

ここに企業の求める人材像が合わされば内定は貰えます。

皆さんの転職活動に少しでも役に立てれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました