【20代から始める】知っておきたい!”G”が家に出た時にやりたいこれだけのこと

皆さんこんにちは!

自分の部屋にいわゆる”G"が出たらどうしますか?

叩きますか?ゴキジェット吹きますか?

今の時代これは古いんです。

やはり20代のうちに”G”との戦い方は抑えておきたいところ。

この記事を読んで未来永劫”G”とおさらばしちゃいましょう!

 

この記事はこんな人に書いています。

・部屋で”G"と出会してしまった人
・一度も”G”と出会ったことはないけど、嫌いな人
・絶対に”G”と出会いたくない人
スポンサーリンク

引越しを考えているor直後の方はこちら

ぶたさん
ぶたさん

引っ越しを予定しているんだけど、

良いG 対策はないかな?

ぱんだくん
ぱんだくん

引っ越し前の害虫駆除は、

業者に頼むのが一番だよ。

引っ越し直後のG対策として下記がおすすめです。

引越し直後のG対策

オススメポイントは下記2点です。

・価格は1K20,000円とリーズナブル

・業者クオリティで完璧に対策可能

ぱんだくん
ぱんだくん

絶対にG を見たくないよーって方は、

検討してもいいかも。

「結論」”G”対策はこれだけで十分!

その名もブラックキャップ

結論出てます。

ブラックキャップ最高です。

それ以外何もやる必要ありません。

パキッと割って、家中の隙間に置くだけです。

値段

いろいろ種類あります。

私が愛用しているブラックキャップはこれ。

12個いりで537円です。

537円で”G”とおさらばできると考えればとても安いと思いません?

 

なぜ”G”に効くのか。なんちゃって化学系大卒が解説します。

主成分;フィプロニルですが、Wikipediaには下記のような説明があります。

※画像タップでWikipediaに飛びます。

フィプロニル(英:fipronil)は、バイエルクロップサイエンスde:Bayer CropScienceの前身であるローヌ・プーランが開発した、フェニルピラゾール系殺虫薬のひとつである。

 

 

はい、よくわかりませんね。

簡単に説明すると、

脳が手足などに動けって命令した際に発生する物質を、

意図的に遮断しちゃう成分です。

この成分の凄いところが、”遅効性”なんです。

この成分を食べた”G"が、巣に帰って糞を出したり、お亡くなりしますよね。

その糞や、お亡くなりになった個体を仲間が食べることで、成分が拡散されていくんです。

1匹でも食べて巣に帰ったら、この”G”一家は壊滅します。

これを「ドミノ効果」って言います。

(簡単に説明しているので、ツッコミご遠慮ください。笑)

ブラックキャップを使うメリット

効能を語ってきましたが、

実際のメリットデメリットってなんなの?ってことでまとめてみました。

特別な作業は必要無し

銀色のパッケージから取り出したら、

カレー粉みたいにパキッと割って置くだけ。

めちゃくちゃ簡単。

勇気も無し

当然ですね。

面と向かう必要無し。

戦を略す、戦略。

片付けももちろんいらない

ブラックキャップは置いたら、

勝手に食べてくれて、

勝手に巣へ持ち帰って、

勝手に巣を壊滅させてくれるので、

いきなり廊下でお亡くなりになっている等はありません。

気づいたらいなくなってます。

ブラックキャップを使うデメリット

一応あるんですよ。デメリット。

神経質な人は気になるかもしれません。

精神的に嫌かも?

毒エサと言ってもエサですから、

家中の”G”をおびき寄せちゃうんです。

結局みんなお亡くなりになるから、一瞬ですけどね。

有効期限

有効期限あります。

開封して設置後、1年間です。

意外と短いかもしれないですね。

夏が来る前に交換て感じがベストかも。

実際に使ってみた感想。

実際の使用感です。

私の実家と現在の自宅で使ってみました。

実家で使ってみた。

私の実家は割と田舎にありまして、しかもズボラ家族なもんで

”G”を見ない夏は無いってくらい仲良しでした。

そこでブラックキャップを置いてみると、

パッタリ。

逆に”G”が今まで出てたのが夢ってくらいになりました。

自宅で使ってみた。

今の自宅は2年ほど住んでいますが、

1回だけ出てしまいました。

ブラックキャップ置いてから、

2度と見ていません。

そもそも”G”はどこからやってくる?

みんなに嫌われる”G”。

いったいどこからやってくるんだろうと思って調べてみました。

公園

意外、と思いました。

でも考えてみると、子供たちのお菓子の食べかすや汗など

エサになりそうな物質が飛び交ってますよね。

隣の家

これは人によるかとも思いますが、

隣に不潔な家があったら、きちゃいますよね。

冷静に隣の家との境にブラックキャップ、置きましょう。

近くの飲食店

当然かもしれません。

一階に飲食店が入っているマンションは確実に出ると思います。

ブラックキャップ置きましょう。

コスパは最強?同類商品を比較してみた。

ここまでブラックキャップを紹介してきましたが、

他にも同様な商品がありましたので、さらっと紹介いたします。

コンバット

ブラックキャップと類似商品です。

基本成分も含有量、有効期限も変わりません。

Amazon価格で765円ですので、ブラックキャップよりちょい高めですね。

他で安く買える人はコンバットでもOK。

 

ホウ酸団子

言わずと知れたホウ酸団子。

おばあちゃんの知恵で紹介されるやつですね。

おすすめはあまりできません。

小さいお子さんやペットが間違えて食べてしまうと大惨事だからです。

こちらは食べた”G”を脱水症状にさせてお亡くなりさせますので、

巣を壊滅させる効能はありません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

”G”対策にはこれだけで充分てことが伝わったでしょうか。

20代のうちに人類の天敵”G”との戦い方を身に付けておきましょう!

☆ブラックキャップはこちら

☆コンバットはこちら

ぱんだくん
ぱんだくん

引越しを控えている方は、

こちらもぜひ検討してみてください!

 

 

それではまた別の記事で!バイバイっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました